仕事

仕事が辛い時の悩みを解消する考え方

更新日:

ディスプレイ広告1

UEPiです!

今回は私が社会人2年目、仕事で鬱(言い過ぎ)になりそうになり、頭痛まで発症したけど、考え方一つで立ち直った話を記載していきます。

当時の私の様な環境に陥った経験の方も少なからずいるのでは無いかと思ってます。

偏った考え方なので、賛否両論(ほぼ否かも)かと思います。

先に悩みを解消する具体的な考え方を記載して、そのあとに、そうなった経緯を記載します。

若手の頃の失敗は全て先輩、上司の責任である!

???の方も多数いらっしゃると思いますが、私はこれで立ち直りました笑

「この仕事失敗したらどうしよう。できないやつだなぁって思われるなぁ」

当時の私はそう思ってびくびくしてました。

そう考えれば考えるほど、辛くなりました。なので、責任転換することにしました!笑

ある程度の大きさの仕事を若手一人に任せて失敗したら、それは、先輩や上司がしっかりフォローしていないのが問題やん!

失敗しそうなら事前に軌道修正の指示するのが上司の務めやん!

だって初めてする仕事なんか進め方ようわからんし!

俺なりに精一杯考えて進めて得られた結果がすべてやん!

そう思った瞬間、悩みが無くなり、仕事を進めれるようになり、

結果的に締め切りまでに終えることができました。

悩んでるなら、最初から上司に相談すればいいやん!ってなると思います。

ひとまずその思いは置いといて、読み進めてください。笑

今の私なら迷わず上司だけでなく周り方全員に相談します。笑

先輩が異動に

入社1年目の話は置いといて(色々ありましたが)。

2年目のGW明けに一緒に仕事をしていた先輩が異動に。

私一人で当時担当していた仕事をすることに。

その先輩とは半年ほど一緒にさせていただいており、とても優秀な先輩だったため、

私は一人でこの仕事できるのだろうかと不安で頭がいっぱいでした。

仕事の進め方が見えない

始めてやる分野でのテーマだったため、引き継いだものの仕事のやり方が分からず、とても悩んだことを覚えています。

当然締め切りも決まってます。

なんとなく、やらなきゃいけない締め切りまでの複数のマイルストーンはわかるんです!

問題は、そのマイルストーンを繋ぐまでの手段や段取りといった具体的なやり方がぼんやりとしか浮かばないんです。

上司に相談すればいいじゃないか!

その通りなんです。でも当時上司は忙しそう(私がそういう風に見ていた)で、声をかけるのが億劫になっていたこと。

しかも前まで一緒にやっていた先輩が、自ら計画を立てぐいぐいそのテーマを進めており、上司への報告もほぼ結果の報告と、その結果から得られたことから次にやるべきことを自分で設定し上司に報告。

上司はそれを承認する。みたいな感じでした(完璧なPDCA)。

先輩は上司からの絶大な信頼のもと、仕事をこなしていました。

入社したときからそれを見ていた私はその姿に憧れると共に、与えられた仕事は全て自己完結しなくてはいけない(自分がすべて計画を立て、実行し、完結させる)と思ってました。

1人で抱え込み過ぎてしまう

なので、一人で精一杯考えて進もうとするのですが、何から手をつければ良いのか良くわからなくなり、時間だけが過ぎていくとった日々も珍しくありませんでした。

それでも、定期的に報告するタイミングはあるため、上司へ報告はします。

「いついつまでにできそう?」

「~くらいにはできると思います。」

やったことない仕事なのに、「~くらいにできると思います。」はできるわけない!笑

たとえば、一例ですが、下記の様に答えていれば、まぁ問題ないと思います。

「この期限までにはA(実験)とB(設計)とC(Bの見積入手と発注と納品)をしなければいけなくて、Aは既に実施済みで以前報告させていただいたように●●が判明しており、すでに設計に着手中です。設計現在●●まで進んでおり、●●には図面完成予定です。また、Cについては、これまでの経験から見積もり●●週間、納品までには●●ヵ月みておけば、十分かと思いますので、納期には間に合うと思っています。」

具体的な進捗計画や見通しを答えられていないのに、間に合いそうですとか、冗談もええ加減にせい!ですね。

ある日首が曲がらなくなる

そんなこんなで日々悩みながら生活していると、体に異変が起きました。

洗面所で歯を洗って口をゆすごうとしたら首が前に曲がらない。。。

首の筋肉がストレスで凝りすぎてカチコチになっていました。

さらに、首の筋肉が凝りすぎて血流が悪くなり、頭痛まで発症しました。

シップと整骨院で対処

毎日首にシップを貼って首の血流を良くしたり、

人生で初めて整骨院に通ってマッサージしてもらったりしてました。

でも、ストレスの根本的な原因を解決できていないので、

あくまで応急対策にしかなっていませんでした。

何で俺はこんなに悩まなあかんねん

 そんな日々の中、ふと思いました。

何でこんなに悩んでるんや。

これ失敗してクビ切られるわけちゃうやろ。

でか俺のことしっかりフォローしてない上司の方が悪ない!?

とか思うようになってきました。(今は思ってませんよ!!笑)

そうです!このとき私の中に責任転換の考えが生まれました!笑

そう考えた瞬間肩の荷がスッと降りました。

ストレスもほぼ無くなりました。

すると、自然と上司への報連相も気持ち的にしやすくなりました。

仕事は一人で抱えすぎないこと

もしかしたら、一番言いたいことはこれかもしれません。

特に若い頃は、一人なんでもこなせる出来るヤツを目指し奮闘しがちです。

でも、若い頃なんて、仕事の裁量の幅もよくわからないし、権限もほぼ無いし、

エンジニアであれば経験も浅く、問題に対応するための引き出しがほとんどありません。

なので、悩みがあればすぐ周りの方に相談すればいいんです。

自分のタンスの引き出しに物が無いなら、他人のタンスの引き出しを開ければええねん!笑

仕事は組織で回っています。自分一人で動かせることなんでちっぽけなことばかりです。

そう思ってからは、当然苦労もありましたが、先輩から引き継いだ仕事は無事終えることができました。

プライドは捨てましょう

今振り返ると、入社当時の私はベジータ並みにプライドが高すぎたのだと思います。

そこそこ良い大学を出てているのだから、仕事もそれなりにできて当たり前だろう。

周りも私をそんな目で見ているに違いない。

色んな人に頼るのは恥ずかしいことだ。

みたいな感じだったのかもしれません。

今ではプライドなんか全くありません。

あんなものあるだけ無駄です。

持っていても、物事は何一つ前に進みません。

プライド捨てて、恥を捨てて、物事が前に進むのならそうすべきです。

以上、こんな感じです。

書き始めたら途中で少し話がそれていっているような気もしましたが。。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

いいね👍

ディスプレイ広告1

A8netSBIネオモバイル

-仕事

Copyright© 機械エンジニアパパの徒然なるブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.