お金 趣味

ブログって稼げるの!?Google AdSenseやってみた!

投稿日:

ディスプレイ広告1

明日から単身赴任機械エンジニアパパ、うえぴです!

今日はいつもとは違うお話。

ブログで毎月〇〇万円稼いでます!

ネットの記事や動画で見たことありませんか?

そんなことできてたら人生苦労しまへんわ。

ってことで、私もブログやってますし、試しにやってみました。

先に言います。むやみやたらにクリックしたらあかんで!

説明は後程。

広告とは

広告は2種類、1つはアドセンス、もう一つはアフィリエイトになります。アドセンスはGoogle AdSenseが超有名ですね。

1.アドセンス
 ⇒表示される広告を読者がクリックするとクリック数に応じてサイト主に報酬が支払われる。アドセンスと言えばほぼGoogle AdSenseといっていいでしょう。

2.アフィリエイト
 ⇒表示される広告から表示先のサイトへ行き、そこで何かしらモノやサービスが買われたら、金額のうち数%や決まった金額がサイト主に報酬として支払われる。有名どころではA8.netですね。

詳しくはこちらを参考にしてください。→アドセンス、アフィリエイト比較

Google AdSenseに申請

Google AdSenseは申請すれば必ず通る訳ではなく、申請したサイトが利用者にとって有益化どうかをグーグルが判断します。審査結果は1週間から2週間程度で分かると思います。

審査通過

ってことで、申請してみたら2週間くらいで、審査通過のメールが届きました。

googleから来たメール

広告を貼る

この記事には表示されていないかもしれないのですが、私のブログの下の方に出てきてるのがGoogle AdSenseの広告です。
他の記事なら記事の下の方に出てくるかも。

広告の内容は閲覧している人によって異なります。

ちなみにBooking.comの広告はGoogle AdSenseの広告ではなく、上記したアフィリエイトの広告になります。

Google Adsense注意事項

Google AdSenseはクリックされると報酬が発生します。なので、例えば、決まった何人かで結託してクリックとかしまくれちゃう。

天下のグーグル先生はそんなこと許しません!

注意事項1:クリック率が統計データから逸脱

Google Adsenseの平均クリック率は約1%と言われています。
クリック率とは、表示された回数のうち、クリックされる割合のことです。

クリック率1%とは100回表示されて1回押すということです。

つまり、クリック率が例えば5%とか10%だと、明らかにそのサイトは怪しいと判断され、広告が表示されなくなります。

注意事項2:特定の人からのクリック

広告とは、その性質から基本的に不特定多数の目にとまるものです。そのため、特定の人たちのクリックばかりだと、 明らかにそのサイトは怪しいと判断され、広告が表示されなくなります。

これは立ち上げたばかりのサイトだと、そもそも閲覧しにくる人が少ないため、サイト立ち上げ時に意図せずそう判断される場合もあるみたいです。

ちょっとばかし、友達に言ってクリックさせてみた。
⇒グーグル先生に怒られた

事前にそんな知識を入れててもやってみたくなるわけですよ。笑
友達にちょっとクリックしてみてよとか。

バレました。笑

グーグルから配信制限のメール

一時期広告が表示されていませんでしたが、今は表示されているかと思います。もしかしたら一部の人には表示されていないかも。

イエローカードみたいなもんですかね。ひどい場合はBANくらうみたいです。

収益

0円です。特にありません。笑
そもそもクリック率って統計的に1%程度ですし。

まとめ

1.広告の種類は、アドセンスとアフィリエイト
2.私のブログの内容程度であればGoogle AdSenseは審査に通るみたい
3.アドセンスはクリック報酬なので、不正クリックにはめちゃくちゃ厳しい
くらいですかね?

逆に意図的にクリックしてしまうと、サイト主の広告をBANできてしまうので、ご注意ください!

今回はほぼGoogle AdSenseの話になりましたが、初めて知ったって方多いんじゃないでしょうか。

面白いと思った方、SNSでシェアしていただけるとうれしいです。

Facebookやと、「いいね!」じゃなくて「シェア」にするとより多くの人に広まるみたいですね!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

いいね!

ディスプレイ広告1

A8netSBIネオモバイル

-お金, 趣味

Copyright© 機械エンジニアパパの徒然なるブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.