育児

超重要知っておくべき妊婦の血液型

更新日:

ディスプレイ広告1

一昨年我が家に1人の天使(赤ちゃん)がやってきました。

でも、実は出産までに大変なことがいくつかあったので、みなさんも知ってほしいと思いました。

1.妊婦の血液型

血液型って、A、B、O、ABのことやろ?ってみなさん思いますよね。

その通りです。

でも不足してる情報があって、Rh+かRh-か。

これがめっちゃ重要。日本人のほとんどはRh+なんやけど、うちの美しい妻はRh-やった。なんと妊娠後の血液検査で偶然発覚。

で、これでなにか困ることあるん?って、話になるんやけど、めちゃめちゃあるねん!!

2.Rh-であることのリスク

先程書いたように、日本人のほとんどはRh+つまり、俺も+でした、でも妻は-。

このとき、子供の血液型もほぼ+になるみたいで、例えば妊娠中、出産時に赤ちゃんの+の血液がママの体に入ってきた場合どうなるのか。

ママの体は+の血液は敵が入ってきたと検知して、+の血液を殺す抗体を作ります。

するとどうなるか、二人目を妊娠したときに、お腹の中の赤ちゃんの+の血液が抗体によって攻撃され、赤ちゃんがお腹の中で育たず死んでしまいます。

3.対策は?

じゃあ、Rh-の女性は二人目できないの?と思うかもしれませんが、そこは現在の医療が発達しております!できてしまった抗体を無くす薬があるので、これを使用します。

詳しくは分かりやすい下記リンクを確認してください。

赤ちゃん&子育てインフォ|インターネット相談室 【】Q&A

みなさんが安心して出産を迎えられますように!

次は、出産時にあった実際の事件について書こうと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

参考になった!と思ってくださった方はFacebookTwitterでシェアしていただけるとうれしいです♪

 

ではでは。

 

いいね👍

 

 

 

ディスプレイ広告1

A8netSBIネオモバイル

-育児

Copyright© 機械エンジニアパパの徒然なるブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.