日常

日本人はなぜイエスマンが多いのか?

更新日:

ディスプレイ広告1

UEPiです!

 

近年よく聞くのが、欧州とかアメリカの人は自己主張が強くて、日本人はあんまり自己主張しない。

(そりゃ個個人でみたら千差万別ではありますが)

 

その理由として、小学校からディベートの練習してるからだ!とかいう記事を見たりします。

ほんまにそうなんかな?とひねくれた私は思うわけです。

そこで、違う視点から考えることにしました。

それは言語の違い。

それも文法とかじゃなくて、それぞれがどのように表記、発音されているのか。

英語と日本語の違い

ここで考えたいのは文法とかじゃなくて、承認、否定の言葉をそれぞれの言語はどう使うのかということ。

日本語   英語

はい    イエス

否定

日本語   英語

いいえ   ノー

 

と、なりますよね。文字数に着目してほしいんです。

承認の場合日本語では「はい」の2文字、英語では「イエス」の3文字

否定の場合日本語では「いいえ」の3文字、英語では「ノー」1文字

何が言いたいかというと、口に出しやすいかどうかです!

日本語にとって、「いいえ」よりも「はい」は文字数が少ないので口に出しやすい。

英語にとって、「イエス」よりも「ノー」は 文字数が少ないので口に出しやすいということです。

そのため、日本語では「はい」が言いやすく相手の意見を承認や肯定しやすい言語

英語では「ノー」が言いやすく、英語は相手の意見を否定しやすい言語

であると分類できます。

すなわち、承認、否定の言語における文字数によって、どんな気質が形成されやすいかということです。

日本人は「いいえ」よりも「はい」が言いやすいから、「はい」と言ってしまう。これがイエスマンたる所以。

アメリカ人は「イエス」よりも「ノー」が言いやすいから否定から始まる。それによって自己の主張が優先になりやすい。

 

関西弁

では、関西弁はどうでしょうか。

「はい」は「ええで(3文字)」

「いいえ」は「ちゃう(2文字)」

 

だから関西人は自己主張強いのか!?

まぁ最終的に言いたかったのはこれです。笑

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

いいね👍

ディスプレイ広告1

A8netSBIネオモバイル

-日常

Copyright© 機械エンジニアパパの徒然なるブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.