ニュース

高齢者の運転について考える

更新日:

ディスプレイ広告1

UEPiです!

 

最近交通事故のニュースが多いですね。

命に差はありませんが、小さい子ども子が亡くなられるのは、やはり親としては悲しく、自分立場で想像すると絶望しかありません。


池袋母子死亡事故 車両の不具合確認されず|日テレNEWS24

 


神戸バス事故、ブレーキ痕なし アクセルと踏み間違いか:朝日新聞デジタル

 

子供と道路の近くを歩くときは、常に気を付けなければいけませんね。

横断歩道を渡るときも、赤信号で車が停止するまで出来る限りの黙視確認しながら、歩く必要もあります。

もしくは、車が停止するまで待ってから横断歩道を歩くとか。

自分には無いだろうと思っていたら、きます。

十分注意しましょう。

 

そんな中でやはり気になるのは高齢者の運転。(ニュースを全て鵜呑みにしてはいけないのですが、内容を見る限りでは考えてしまいます。)

 

高齢者の運転免許返納

高齢になると、著しい視力の低下などによって、運転するのが難しくなってくるため、運転免許の自主返納もできます。

大体多いのが70~75歳みたいですね。

こんなサイトもありました。


神戸バス事故、ブレーキ痕なし アクセルと踏み間違いか:朝日新聞デジタル

 

認知症と運転

これがやっかいです。認知症になってしまうと、運転免許返納の判断も出来なくなってしまうから。

こんな記事(?)もありました。


神戸バス事故、ブレーキ痕なし アクセルと踏み間違いか:朝日新聞デジタル

判断力が残っているからこそ、免許を自主返納する。

すごい決断ですね。

 

自主返納してからの生活

とはいえ、車が生活に欠かせない人達がおり、その方達にとって、免許を返納してもこれまで通り生活できるような福祉制度が必要でもあります。

そこは自治体によって異なると思うので改善する必要もあると思います。

 

てな感じで色々書きましたが、親の立場からすると、子供と出掛けるときは車に気を付ける!

おじいちゃんになったら、免許を自主返納する!

ってことを言いたかっただけです!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

いいね👍

 

 

ディスプレイ広告1

A8netSBIネオモバイル

-ニュース

Copyright© 機械エンジニアパパの徒然なるブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.