ニュース

韓国をホワイト国から除外。ホワイト国って何?

更新日:

ディスプレイ広告1

うえぴです!

最近ニュースに良く取り上げられてますよね。
韓国をホワイト国から除外する。それをされると韓国へ輸出ができなくなるから特に半導体分野の企業がめちゃくちゃ困るから怒ってるやらとか。
これは報復行為だー!って韓国が主張してたりとか。
海外と取引がある会社に勤めてる人は知ってるかもしれませんが、国内をメインに仕事されている方は耳にしない言葉なんじゃないでしょうか。

ってことで、勝手に私が解説していきたいと思います!

ホワイト国とは

ホワイト国とは、日本企業が物を輸出する際に、 煩雑な手続きを簡略化できる国として指定してするグループ(輸出優遇国)のことを指します。

そもそもなんでそんな制度があるの?

海外に製品(ソフトウエアも含む)場合、それが核・ミサイル兵器などの開発に利用されないようにする必要があり、その法令として、輸出貿易管理令があります。
そのため、核・ミサイル兵器開発に利用される恐れのある製品は、すべて一つ一つ個別に輸出許可を必要とする「キャッチオール規制」があります。
しかし。様々な企業から、それはめちゃくちゃめんどくさいからなんとかしてぇな!といった反発がありました。そこでできたのが、ホワイト国です。
ホワイト国になるには、政府が 国際的な規制の枠組みにきちんと参加していて、かつ安全保障上信用できると判断した国になる必要があります。
韓国は上記のように信頼できると判断されていたんですね。

なんでホワイト国から外れたのか

これはただ日本が韓国に対して、
核・ミサイル開発に使われる可能性のある製品が韓国から他国に流れてないか確認したくて、韓国に輸出した特定の製品の使用先(流れ)を全部教えてください。
って、お願いしたら、韓国側がそれは無理!って突っぱねたのが理由です。
なので、日本側としては、韓国の輸出管理制度が不十分で、信用するに値しない!って判断したからホワイト国除外としたまでです。
なんの意地悪もありません。ただ韓国側が公表しないからです。

輸出規制ではなく、輸出厳格化なだけ

勘違いしてはいけないのは、報道ではよく輸出規制と騒がれていましたが、特定の製品が輸出できなくなるのではありません。
輸出するための手続きが厳格化されただけです。
何が言いたいかと言うと、むしろ困るのは日本企業です。
韓国に輸出するためにいくつもの手続きをしないとこれまで輸出していた製品が輸出できないからです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

いいね!

ディスプレイ広告1

A8netSBIネオモバイル

-ニュース

Copyright© 機械エンジニアパパの徒然なるブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.